大阪で1978年創業 「信頼」「正確」「迅速な対応」が信条です
当社は、総務省の厳しい審査に合格し、総務大臣より特定信書便事業者として許可を受けています



アイワ信書便_業務のながれ

(1) 差出し方法
次の三つの差出し方法があります。
1.電話、FAX、インターネット(メール)で発注して、指定する時間・場所において手渡しで差出す。
2.当社へ直接持ち込んで差出す。
3.定期的な配送ルート内において手渡しで差出す。
(2)信書便物であることの表示
信書便物の表面には、必ず「信書」と明記されなければなりません
信書便物の表には必ず「信書」と明記
(3)配達に用いる手段
次の三つの手段で配達します。
1.軽四輪自動車
2.軽車両(自転車)
3.公共交通機関等を利用しての配達(ハンドキャリー)
(4)配達方法
差出人から引受けた信書便物は、配送伝票に記載された受取人に対面で手渡し、その際必ず受取人に配達完了の受領印又は署名を求めます。
もし受取人が不在の場合は、差出人へ連絡して指示を仰ぎます。差出人か受取人の了解があれば、郵便受箱に投函します。
受取人が不在のために手渡すことができず郵便受箱に投函することもできなかった場合は、郵便受箱に不在カードを投函し、差出人へ還付します。その際は、差出人へ還付料を請求します。
受取人が転居をしていた場合は、原則的に転送はせずに差出人へ還付します。差出人から指示があった場合のみ転居先へ転送します。その際は、差出人へ転送料を請求します。
「受取人」・・・配達先が住宅の場合はその配達先における同居者又はこれに準ずる者、配達先が住宅以外の場合はその管理者又はこれに準ずる者。
(5)配達時間
差出し人から引受け後、直ちに受取人へ配達します。
(6)引受け可能な大きさと重量
1.軽四輪自動車の場合・・・
横140cmX高さ130cmX奥行190cm以内、重量350kg以内。
2.自転車及びハンドキャリーの場合・・・
三辺が30cmX30cmX20cm以内で、重量が10kg以内。
(7)運賃
1.運賃は走行距離制です。出発地から着地までの走行距離を測り、運賃を算出します。

特定信書便TOPへもどる


TOPページへ戻る

Akabouロゴマーク 赤帽 愛和運送店 Copyright (c) 2004 AKABOU-AIWA All rights reserved.